« 辞めるなんてもったいない! | Main | ライブドア強制捜査 »

January 08, 2006

昨年の成績

昨年の資産運用の利回り(年換算前の生の売買益率)は14%程度となった(2004年は1%)。
日本株式の上昇に比べると今ひとつだが、日本株100%ロングというわけにもいかないので、2桁の利回りはまあ満足できる水準といえるだろう。

保有資産で個別に売買益率が高かったのは以下のとおり。

<投資信託> やはり小型株と金融は強かった
ソフトバンク未公開株組入ファンド
JF小型株オープン
一寸法師 ゴールドマン・サックス日本小型/新興株ファンド
DKA株式オープン
フィデリティ・セレクト・ファンド(金融サービス)

<株式・ワラント> 結果的にライブドアが一番儲かったのは意外
ライブドア
新光証券
一休
GSワラント(グローバル石油バスケット)
新日本製鐵

<債券> どの債券も金利低下と円安でかなり価格上昇
ランド建欧州復興開発銀行債(2017)
ランド建欧州復興開発銀行債(2027)
ランド建国際金融公社債(2007)
米国ゼロクーポン債(2026)
米国債(2010)

|

« 辞めるなんてもったいない! | Main | ライブドア強制捜査 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26963/8056948

Listed below are links to weblogs that reference 昨年の成績:

» ゴールドマン・サックス日本小型/新興株ファンド「GS・一寸法師」 [ノーロード投資信託ブログ ~手数料無料投信を買おう~]
運用会社:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント マイクロ・キャップとヤング・キャップに注目し、中でも日本の構造変革の中で ダイナミックな変化を遂げると思われる企業の株式を中心に投資。 マイクロ・キャップとヤング・キャップの一応の目安は、それぞれ時価..... [Read More]

Tracked on February 05, 2006 at 03:38 PM

« 辞めるなんてもったいない! | Main | ライブドア強制捜査 »