« 反転 | Main | 銀座ママが教える「できる男」「できない男」の見分け方 »

January 31, 2006

米国債券への投資

ペトロチャイナ(PTR)が基準としていた価格に達したので一部を売却し、取得コストをゼロにした。
最近は一部売却→取得コストゼロ化がいくつか進んだため、結果的にADRを含む米国株のポジションは縮小しつつあり、キャッシュが増加している。
FRB議長の交代もあり、しばらくは不安定な相場が続くというのが一般的な見方だし、金利が逆イールドになった後は景気後退期になるという従来の循環を踏まえると、株式から債券にシフトしたほうがよいのだろう。
ただ、米国のネット証券会社では現物の債券は取り扱っていないため、ETFやファンドで投資することになるが、現物に比べると、今ひとつ効率が悪いような気がして踏み切れない。
もう少しETF辺りを調べてみたい。

|

« 反転 | Main | 銀座ママが教える「できる男」「できない男」の見分け方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26963/8441644

Listed below are links to weblogs that reference 米国債券への投資:

« 反転 | Main | 銀座ママが教える「できる男」「できない男」の見分け方 »